通報時における多言語通訳サービスの導入

  • ホーム  > 
  • 通報時における多言語通訳サービスの導入
 

119番通報時における多言語通訳サービス

119番通報時における多言語通訳サービス
 
   
     日高中部消防組合消防本部では、令和3年6月1日から多言語通訳サービスを導入し運用を開
      始しています。
 
 
   在住外国人や外国人観光客の増加に併せ、病気やけがをした外国人に緊急時の安心と安全を提
  供し、迅速で的確な消防活動を実施することを目的とし、本サービスを導入しました。こ
    サービスの導入によって、詳しい通報内容が聴取可能になるほか、今までは指導が困難であっ
  応急手当の指導等も可能となります。
 
 
  1 119番通報を受信する通信指令員(又は現場の救急隊員・消防隊員)
  2 外国人通報者
  3 多言語コールセンターの通訳者が電話を介した3者通話方式により同時通訳を行うことで、
   詳しい通報内容を把握できる仕組みとなっています。
  
 
 
  24時間、365日対応(全22言語)
 
  英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語、タイ語、ヒンデ
  ィー語、フランス語、モンゴル語、タガログ語、ネパール語、インドネシア語、ペルシャ語、
  ミャンマー語、広東語、アラビア語、ウルドゥー語、ラオス語、ベンガル語、台湾語
  
 
   119番に電話をかけてからコールセンターのオペレターにかわるまで、十数秒お待ちにいた
  だくことがありますが、電話を切らないでお待ちください。
 
 
  
     
                         
qrcode.png
http://hidaka-chubu-119.jp/
モバイルサイトにアクセス!
106356
<<日高中部消防組合>> 〒056-0005 北海道日高郡新ひだか町静内こうせい町2丁目1番1号 TEL:0146-42-0941 FAX:0146-42-3789