組織の紹介

 

紹介

紹介
 
 消防は、昭和23年の消防組織法施行により従来の警察から分離独立され市町村が行うこととなり、自治体消防が発足しました。
 昭和40年代に入り、社会経済の著しい発展に伴い、石油・ガス等が一般家庭に広く普及するとともに、救急業務や救助業務の増加などにより、従来の消防体制では十分に対応することが難しくなってきました。
 この様な社会情勢の変化に対応した消防業務を十分に果たすため、近隣町村が消防を広域的に共同処理することが合理的、かつ、効果的であるとの考えから、昭和46年6月1日に三石町・静内町・新冠町の3町で日高中部消防組合を設立しました。
 平成18年3月31日に構成町である三石町と静内町が合併したことから、新ひだか町と新冠町の2町による一部事務組合に改編され、現在に至っております。
 
管理者 酒井 芳秀 (新ひだか町長)
副〃  鳴海 修司 (新冠町長)
参 与 本庄 康浩   (新ひだか町副町長)
消防長 藤井 秀敏
 
 

区域面積・人口等

区域面積・人口等
 
     管轄合計   新ひだか町    新冠町
 面 積  1,733.63K㎡  1,147.75K㎡  585.88K㎡
 人 口  30,080人  24,354人   5,726人
 世帯数  14,723世帯  12,042世帯   2,681世帯
※人口・世帯数はH26.3末現在
 

組合エリア

組合エリア
フォーム
 
組合管轄区域
       組合の管轄図                  管轄地域詳細図
qrcode.png
http://hidaka-chubu-119.jp/
モバイルサイトにアクセス!
045860
<<日高中部消防組合>> 〒056-0005 北海道日高郡新ひだか町静内こうせい町2丁目1番1号 TEL:0146-42-0941 FAX:0146-42-3789